Loading...
全般

バストアップをかなえる食生活

バストアップや豊胸というと、マッサージやエクササイズ、サプリメントなどで叶えるものだと思う人は多いと思いますが、実は食事を見直すことも一つの大切な方法です。胸の構造を理解して、その発育に必要な栄養素をしっかりとることで、豊かな胸を目指していきましょう。

胸の構造について

胸は乳腺と脂肪からできています。その割合は乳腺が10パーセント程度で、脂肪が90パーセント程度。ですが、バストアップをかなえるためには、その10パーセントの乳腺の発達が大事であると言われています。乳腺の発達には女性ホルモンの分泌が欠かせません。では、乳腺の発達に効果的な栄養素はどのようなものなのでしょうか。

バストアップに効く食材

乳腺の発達に必要なのはタンパク質です。良質なタンパク質は、バストアップに欠かせない栄養素です。
タンパク質は肉や魚、大豆製品などいろいろな食材に含まれていますが、「タンパク質が豊富な食材」といえば、鶏肉を思い浮かべる人が多いと思います。鶏肉には良質のたんぱく質が多く含まれており、「バストアップのためにはから揚げを食べると良い」と言われる所以です。ボディービルの選手が鶏肉を積極的に摂取することもあるくらいですし、豚肉や牛肉、魚に比べて安く購入できるので、鶏肉を積極的にとるのは悪いことではありません。しかし、鶏肉ばかり食べるのではなくバランスよくいろいろな食材をとることが、美容のためにも健康のためにも大切なことであるといえます。
また、マグロもバストアップをかなえたい人におススメしたい食材です。マグロには良質のたんぱく質が豊富に含まれているだけでなく、人間が体内で作ることができない必須アミノ酸も含まれているからです。

その他、女性ホルモンと同じような働きをする食材として、大豆が挙げられます。大豆イソフラボンには、女性ホルモンと同じような働きをする力があります。豆乳が美容に良いと言われるのは、この大豆イソフラボンが含まれているからです。バストアップをかなえたい人には、積極的に取り入れてほしい食材の一つです。ですが、豆乳の独特の風味が苦手だと感じる人が多いのもまた事実。そんな場合には豆乳にココアやきな粉を混ぜて飲んだり、シチューに加えるなど工夫しながら取り入れると良いでしょう。また、豆乳にこだわりすぎず、納豆、みそなどの大豆製品を積極的に取り入れることも、大豆イソフラボンを体内に取り入れる方法としては効果がありますので、試してみてください。

牛乳やチーズなどの乳製品にも、バストアップに欠かせない良質なタンパク質が豊富に含まれており、ぜひ、毎日適量を摂取してほしい食材です。しかし乳製品の多くは、鶏肉や大豆製品などに比べると脂肪分が多く、その分カロリーが高いのが気になります。食べ過ぎてしまうとウエストや太ももなど、細さをキープしたい部分にも脂肪がついてしまうので、注意が必要です。ですが、その中でもチーズはそれほどカロリーが高すぎないので低く、乳製品の中ではおすすめしたい食べ物です。バストアップにも効果的と言われていますので、毎日適量を取り入れてほしいと思います。

一般的に食事の回数は一日三回。その食事を見直すことは、サプリメントやマッサージを取り入れるのと同じくらい、もしかしたらそれ以上にバストアップ効果が期待できるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です